Pages Menu
Ori Tahiti by Joelle I Les stages en Vidéo
Air Tahiti nui
Tahiti Art
Tahitian secrets
Categories Menu
ジョエル・ベルグのプロフィール

ジョエル・ベルグのプロフィール

幼少からバレエを学び、フランスの留学の時にタヒチアン・ダンスとまさに真の出会いがあった。1994年にオリ・タヒチ(タヒチアン・ダンス)を教え始め、1996年にTe Oro学校を設立する。Te Oroは「儀式」、または「ミリの小さい花束」を意味する。

Ori Tahiti. Joelle BergFenua(タヒチ語で「祖国」を意味する)に帰ってから、Temaevaダンス・グループに入団する。

10年の間、Temaevaと一緒に踊り、グループの全てのパフォーマンスに参加する。
その後、Heikura NuiとToarevaダンス・グループにも入団する。

コンセルバトワールの舞踊学科完全コースを10年間受ける。

金賞を獲得し、ポリネシアの歴史と文化に関して演説芸術(Orero)、伝統的な打楽器研究、舞踊の芸術と3年の理論的な教育を含む、完全伝統学科を卒業する。

1984年以来、オリ・タヒチを踊り続けている。

2001年に、ダンスの講師活動と別に、振付師として活躍し始める。TEMAEVAによってプロデュースされたRohotu Noanoaというショーのために振り付けを作成した。

2002と2003年に、TOAREVAのために振付師として活動し、全てのショーに協力する。Joelleにとって最も顕著な仕事は、ジャック・シラク大統領の訪問のために作成されたPOLYNETIAとういうショーだった。

2002と2003年に、TOAREVAのために振付師として活動し、全てのショーに協力する。Joelleにとって最も顕著な仕事は、ジャック・シラク大統領の訪問のために作成されたPOLYNETIAとういうショーだった。

彼女にとって25000人の観客が入ったスタジアムの中で踊ることは、ユニークな体験で、ダンスの創造的なプロセスの新しい面を知る、素晴らしい経験だった。

この出来事から、彼女は現在存在する基本的な伝統のタヒチアン・ダンスをいかに発展させることが本当に難しいと思った。 しかし、タヒチアン・ダンスを通して現代的な創作をしたい彼女の情熱が止まらず、自分自身の知識を活かして頑張り続けている。

2010年以降、主に海外で教えている。 ヨーロッパからアメリカ合衆国、それからアジアまで、ワークショップ、マスタークラス、ダンス講師養成コースを行っている。私の居住であるモーレア島でも教えている。また、在ポリネシア・カリフォルニア大学校バークレーに関連するTe Pu Atitia協会の活動にも協力している。 毎年12月に行われるHura Tapairuと7月にあるHeivaのダンス・フェスティバルの期間中にモーレア島とタヒチ島でワークショップを提供している。

しかし、Joelleはずっとダンスの世界で活躍してきたわけでもない。

Ori Tahiti by Joelle. Le conceptリ政治学院で3年間勉強した後、マーケティングを専門にし、経済法を学ぶ。そのおかげでタヒチに帰ってから領土行政内で様々な仕事に就くことができ、そして1993年に行政から離れる。

Joelleにとって踊りは人生の目標であり、踊りを通して自分自身を表現し、自分と他人の人生に貢献すると思っている。

踊りの様々な側面を越えて、あらゆる文化に、あらゆるスタイルにおいても、ダンスは芸術である。したがって、踊りの究極の目的は常にスピリチュアルな性質のものになる。




このウェブサイトの写真は写真家の許可を得た上で掲載されています。写真に載っているダンスグループ名を載せたいと思います。グループメンバーの方であれば、または写真に載っている方であれば、よろしければ名前を載せたいと思います。ご連絡ください。連絡するために ここをクリックしてください。